オランダの伝説 クライフ氏、死去

http://www.theworldmagazine.jp/20160324/01world/51627
1970年代、オランダ代表をW杯優勝に貢献したことからバロンドールに選ばれ、「クライフ・ターン」で有名なスター選手として活躍し、
監督としても現役時代に活躍したアヤックスバルサで監督を務め、リーガエスパニョーラ4連覇やUEFAチャンピオンズリーグ優勝を
成し遂げたヨハン・クライフ氏が肺癌のため亡くなりました。

正直、少年時代から喫煙者だったことから自業自得とも言えますが、選手としてのテクニックの優雅さは目を見張るものがありました。