遅いと言うかなんと言うか。オジェック解任

 最近はまったく生観戦していない私のBLOGより数万倍以上有益な情報のあるBLOGは山ほどあるのに、わざわざこんな真面目にやっているんだかなんだか解らないBLOGをご覧いただきまして、恐悦至極に存じます。
 概要はスポナビこの記事や、並河悠斗様のこの記事を熟読いただければお解りかと存じますが、浦和レッズACL制覇の原動力となったギド・ブッフバルト前監督時代の過去の遺産を食い潰した感のあるホルカー・オジェック監督を解任し、コーチのゲルト・エンゲルス氏を後任の監督として昇格させました。
 多くのレッズ系BLOGや浦議SNSの皆さんが仰る、「解任のタイミング、もっとはやくても良かったはず」と言うのに、某所風に言うのであれば「ゲルトしく同意*1」です。…ですが。最近レッズサポになられた方はご存じないと思いますし、多くのレッズサポの方も忘れてしまっていると思いますが、元々レッズは弱小チームでしたよね?某氏にガンバやジェフも纏めて「Jのお荷物」呼ばわりされていた時代があったんじゃないかと思います。
ゲルト・エンゲルス新監督就任 (大本営発表)

*1:他サポの方や意味のわからない方は、聞かないほうが身のためです。