“ネ申” 山田隆裕が訴えられた!

 とは言っても、世間を騒がせている某アイドルの発言じゃなく、現在の彼の本業の移動式メロンパン販売のフランチャイズでの話。きな臭いものを感じるね。

元Jリーガー山田隆裕さん、移動メロンパン事業で訴訟トラブル
横浜マリノスベガルタ仙台で活躍した元Jリーガー・山田隆裕さん(35)が代表理事を務め、メロンパンの移動販売事業を行う「東北フーズショップ企業組合」(仙台市)が、元会員の男性らから損害賠償を求められた裁判が22日、仙台地裁で行われる。原告側は「パン生地の質が落ちるなどして売り上げが落ちた」との主張。山田さんは「こちらに非はない」と徹底抗戦の構えで、言い分は真っ向から対立している。

 日本代表にも名を連ねた名MFに、メロンパンを巡るトラブルが持ち上がっていた。2003年に現役を引退した山田さんは、同年に「東北フーズショップ企業組合」を設立。契約を結んだフランチャイズ・オーナーらがメロンパンの「メロンちゃん」(1個120円)を移動販売し、爆発的人気を呼んだ。

 Jリーグの元スター選手が成し遂げた“華麗なる転身”は、大きな話題となり取材も殺到。現役時代から引退後の起業をにらんでいたという山田さんは、セカンドステージの「勝ち組」として注目を集めた。しかし…。

 昨年2月、「メロンちゃん」をフランチャイズ販売していた男性5人が、山田さんの組合を相手に100万円から830万円の損害賠償を求め訴訟を起こした。訴えによると、5人は50万円の加盟金を支払い同組合と移動販売の会員契約を締結。500万円余りのパン販売ワゴンを購入し、月10万円の組合費を支払い、組合から生地を仕入れてパンを販売する仕組みだった。しかし売り上げが伸びず、組合費や車のローンなどで負債がかさみ、契約を解除したという。

 04年3月に販売を始めた原告の男性(40)によると、山田代表から契約前「広島の有名なパン屋の手作り生地を使う」と説明された。しかし5月には「見た目も味も明らかに違う生地が入ってきた。みんなで山田や関係者を問いつめると、やっと『機械生産に変えた』と認めた」という。

 開始当初、“おいしい”生地を使用していたころは、多い日で1日1500個も売り上げた「メロンちゃん」だが「味が落ちて6月には200個くらいになった」。組合費の存在を契約前に知らされなかったと明かし、さらに山田代表から当初「5台か、多くても7台しか走らせない」と説明されていた販売車が「気が付くと市内に15台も走っていた」とも話している。

 また「1人で3、4台持っていた男性が2000万円の負債を抱え自己破産した」ため、本人に代わって破産管財人が約8000万円を請求。このため「原告は実質6人になる」と言う。

 原告らの訴えに対し山田さんは「こちらに非はない。訴えをそのまま受け入れることはできない」と反論。「(創業時)メロンパン事業は急激なブームになった。まるでJリーグが始まったときのようでした」とした上で「生地の生産がどうしても間に合わなくなり、機械化した。フランチャイズオーナーたちの了解を得ていました」と説明。原告側には「生地ではなく、焼き方が悪かったのでは」と主張しているという。

 22日は、原告側4人が陳述を予定している。

 ◆山田 隆裕(やまだ・たかひろ)1972年4月29日、大阪府生まれ。35歳。小学校時代、転居先の静岡・清水でサッカーを始め、市の選抜チーム入り。中学進学時、会社を経営していた父親が借金を残したまま失跡。アルバイトをしながらサッカーを続けた。
中学卒業後は働こうと考えていたが、清水商業の監督から「プロスカウトされた方が、ゆくゆくは借金返済の近道になる」と説得されて進学。全国選手権や総体を制した。卒業後の91年、日産自動車(現横浜M)入り。93年からは代表に選出されるが、一度は辞退するなど異色の経歴。京都、V川崎を経て、J2のベガルタ仙台をJ1昇格に導いて引退。
右サイドからの正確なセンタリングが持ち味のMF。現役時から引退後の起業を視野に入れ、03年に引退後「東北フーズショップ企業組合」を設立、代表理事となる。

 ◆華麗なる転身メモ Jリーガーが現役引退後、別の道で活躍する例は、7月の参院選に愛媛選挙区から無所属で出馬、当選した友近聡朗氏(32)らがいる。友近氏はJ2愛媛FCのFWだった。
弁護士を目指し、司法試験に合格した例も。ガンバ大阪ヴィッセル神戸などに在籍したMFの八十祐治さん(36)は、2000年に現役引退後、05年、4度目の挑戦で司法試験に合格した。
柏レイソルのMFだった、薮崎真哉さん(29)は、店舗運営のトータルサポートを行う「エスエス・ファクトリー」の代表取締役兼CEO。02年に退団後、03年に会社を設立した。
横浜フリューゲルスなどでGKとして活躍した森敦彦さん(35)は、97年に現役を引退。都内にバー「ROCK STEADY」をオープンさせた。04年からは、東京ヴェルディなどに在籍したMFの石塚啓次さん(33)と共に、ファッション・ブランドの展開もしている。
なお、最近では日本代表でガンバ大阪のDF加地亮(27)が、国家資格の保育士を目指して勉強していることが分かった。
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20071022-OHT1T00008.htm より引用

ソースが報知なので、「報知は放置」しておきたかったけど、一応ね。