サッカー少年7人、暴行受けけが 全国大会控え反撃せず (asahi.com)

 

 名門の少年サッカークラブ「町田JFC」(東京都町田市)の中学3年男子の選手7人をリンチしてけがをさせたとして、警視庁は、同市内の中学3年の少年5人を傷害容疑で逮捕したと、29日発表した。選手たちは全国大会の関東予選を控えており、「クラブに迷惑をかけたくない。全国大会に出られなくなる」と、反撃を一切しなかったという。

 少年事件課と町田署の調べでは、少年5人は5月8日午後9時10分〜10時20分ごろ、神奈川県相模原市淵野辺2丁目の二つの公園で、選手7人を殴るけるなどし、足や頭などに3〜10日間の打撲を負わせた疑い。

 事件前、少年5人は現場近くの別の公園で中学校の体育祭で行う踊りの練習をしていた。選手たちが談笑しながら通りかかったのを、「踊りを笑われたと思い、腹が立った」と供述している。

 町田JFCは、元日本代表の北沢豪さんらJリーガー16人が輩出した名門。被害者の多くがレギュラーで、事件の約1カ月後に開かれた日本クラブユース(U15)選手権の関東予選で全国大会出場を決めた。

 以下はasahi.comからの引用ね。スポーツ選手は「フェアプレイの精神」を叩き込まれると同時に、こう言った野蛮な行為を平然と行う柏サポのような低脳な者が厳罰に処されることはないと思うけど、恐怖さえ感じるね。