マジで!ギド、今季限りで退任を表明 (asahi.com)

 Redsが2003年のナビスコカップを制覇したあと、当時の監督だったオフトが退任→ギドが監督就任で、いまのRedsの発展の礎を築いていったのだけど、退任ですか…。

浦和レッズブッフバルト監督、今季で退任2006年12月04日18時29分
 Jリーグ(J1)浦和を初のリーグ制覇に導いたギド・ブッフバルト監督(45)=ドイツ=は4日、さいたま市内で記者会見し、「3年間任せてくれたクラブに感謝したいが、ここで一休みしたい」と語り、今季限りで退任することを表明した。天皇杯全日本選手権の指揮が最後になる。

 ブッフバルト監督は「心は痛むが、辞めるなら、選手やコーチも育っている今と判断した」と退く理由を説明。今後は将来に向け、しばらく充電する意向を示した。浦和の藤口光紀社長は後任について「交渉は最終段階にあり、今月中旬までには決める」と語った。

 ブッフバルト監督は浦和で選手として1994年から3年半プレーし、2004年に監督就任。1年目にリーグ後期、2年目には天皇杯を制しており、3シーズンで3つのタイトルを獲得している。(時事)